肝斑治療の方法と注意事項

肝斑治療の方法と注意事項

肝斑は女性特有の症状で、目の周りをさけたほお骨の周辺や額、口のまわりなどに左右対称にシミが現れます。


肝斑は、30〜40歳代の多くの人に発生し、50歳代後半には消えるという特徴があります。



出産後の女性やピルを服用している女性にも症状がみられることから、肝斑の発症には女性ホルモンが何らかの影響を与えているのではないかと考えられ、肝斑治療の研究が現在も進められています。

肝斑治療にはいくつかの方法があります。


良く知られているのはトラネキサム酸を飲み薬として服用する方法です。

トラネキサム酸はメラニンをつくり出すメラノサイトにはたらきかけ、色素沈着を抑制し、肝斑を改善する働きがあります。


またトレチノインやハイドロキノンという塗り薬を使用する方法もあります。

大阪のサーマクールを利用してみる価値はありますよ。

トレチノインの使用中は肌が炎症を起こしたり、皮がむけたりする症状が出ますが、出来てしまったメラニンを排出する治療の過程で欠かせないものなので、手で触ったりしないよう時間をかけて治療します。

また女性ホルモンのバランスを整える効果がある漢方薬の服用も並行して行われることがあります。

漢方薬は一人一人の体質や体力に合わせて処方されるものですが、肝斑治療には加味逍遙散(カミショウヨウサン)や桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)が出されることが多いようです。

OKWaveってとにかくお勧めなんです。

肝斑の治療を受けている間は治療の効果を高め、新しく肝斑の発生を防ぐために、紫外線対策をしっかり行い、日に焼けないように気を付けることが重要です。

  • 注目情報

    • 顔にシミができたら、皮膚科で治療をしてシミを取り除きたいと普通に考えます。その場合、そのシミの種類を特定する事が大切です。...

      detail
  • びっくり!

    • 容姿に関する悩みを解消したいと考えた場合、美容外科に行く事が有効です。整形に対して抵抗を感じる人は少なくありませんが、プチ整形が登場した辺りから、整形を肯定的に受け入れる人も増えてきています。...

      detail
  • 美容の実態

    • 肝斑は、高齢者にはほとんど見られず、20代から40代の女性に多い頬などに左右対称に広がるシミのことです。妊娠や出産を経験したり、ピルを服用すると悪化することが多いため、女性ホルモンによる影響を受けやすくなっています。...

      detail
  • 美容をよく学ぶ

    • 30代から40代になると頬や額などに出てくる左右対称の淡褐色のシミを肝斑といいます。肝斑の多くは扇状に広がり、肌をくすませてしまう原因にもなってしまいます。...

      detail