肝斑治療の方法と注意事項

  • 肝斑治療を受けてみたい

    • 肝斑は、高齢者にはほとんど見られず、20代から40代の女性に多い頬などに左右対称に広がるシミのことです。



      妊娠や出産を経験したり、ピルを服用すると悪化することが多いため、女性ホルモンによる影響を受けやすくなっています。
      紫外線が原因でできるシミとは違って、原因が複雑になっています。美容皮膚科や美容外科では、トラネキサム酸の内服薬を処方されることが多く、服用をすることで色素沈着を抑える働きがあります。


      ビタミンC誘導体などの外用薬を併用することで、シミが薄くなることが多いため、根気よく肝斑治療を続けることが大事です。


      紫外線が原因でできるシミの場合は、高出力のレーザー治療が効果的ですが、肝斑治療には適さないことが多いです。
      肝斑治療では、低出力のレーザーをシミの目立つ部分に照射をすることで、改善しやすくなります。お肌の状態は、一人一人個人差があるため、信頼できる医師に丁寧に診察をしてもらい、最適な方法を提案してもらうことが大事です。



      肝斑は、女性ホルモンの黄体ホルモンの影響を受けていることが多いため、お肌の状態によっては治療期間が長引くことがあります。


      トラネキサム酸は、安全性の高い医薬品ですが、副作用が気になっている人は医師に相談するようにして下さい。

      普段の生活では、ホルモンバランスを整えるために、過度なストレスを溜めないようにしたり、充分な休息や睡眠を取ることが大事です。

      適切な治療を受けることで、シミを目立たなくすることができます。