肝斑治療の方法と注意事項

  • 肝斑治療に必要な物について

    • 顔にシミができたら、皮膚科で治療をしてシミを取り除きたいと普通に考えます。
      その場合、そのシミの種類を特定する事が大切です。

      肝斑は30歳代から40歳代にかけて多く発生し、高齢者にはほとんど見られません。

      女性ホルモンのバランスがくずれることが原因ですので、妊娠やピルの服用で症状がひどくなっている場合もあります。そのシミがいつ現れ、急に悪化した事はなかったのか、美白化粧品を使用しても効果はなかったのかという事が、シミの種類の特定に大切な事です。
      肝斑は顔の両側左右対称に発症します。

      目の下を縁取るように表れるのが特徴です。
      皮膚科へ行く時は化粧を落とし、もし他のお医者さんにかかっていれば処方されたお薬を持って行くようにしましょう。



      肝斑治療には、色素沈着抑制効果を持つトラネキサム酸を内服します。

      肝斑の発症はメラニンを作り出すメラノサイトが活性化しているからです。

      その理由は、タンパク質分解酵素プラスミンがか関係しているからです。

      抗プラスミン作用を持つトラネキサム酸はメラニンがつくられる前のメラノサイトの活性化をおさえ肝斑治療に効果をもたらしています。



      トラネキサム酸を主成分として医薬品は現在OTC薬品として町の薬局やドラッグストアで売られています。

      なお、老人性色素斑の医療に用いられるレーザーは、肝斑治療には不向きで肝斑を悪化させます。



      さらに紫外線も肝斑を悪化させますし、ストレスもよくありません。
      十分な急用、睡眠規則正しい食事も重要で、トラネキサム酸の用法用量を守って、正しく服用することが大切です。